最新情報

カーエアコンの仕組みと洗浄

雪も消え、日差しが気持ち良い季節になってきました

車は四方がガラスで囲われている温室のような空間のため、家庭用のエアコンよりも使い始める時期は早いのでは?(とはいえ、車のエアコンは一年中動いてますけど)

ところで、家庭用エアコンと カーエアコンの仕組みの違いって・・・

実は仕組みは同じなんです。

部屋の外にはエアコンの室外機がありますよね?カーエアコンではこの室外機にあたる物はエンジンに付いています。エンジンのパワーを借りて室外機にあたるコンプレッサーを回してます。だからエアコン使うと燃費が悪くなるって言われるんです。(家庭用のエアコンは洗浄すると電気代変わるって言いますね。って事は車もエアコン綺麗にしておけば、燃費も良くなるかも?実際過去に施工させて頂いたお客さまから「燃費良くなったような」ってお聞きました。実証試験したわけでは有りませんが)

では室内機は?

⇑こんなの車の中に無いですよね?(キャンピングカーとかは別ですが)

エアコンのフロントパネル開けて、フィルターを外すと

こんなアルミのフィンが確認出来ます。このフィンが室外機で圧縮されたエアコンガスの作用で冷たくなり、空気を冷やす訳ですが、その時にこのフィンが結露して、埃や生活臭が付着してカビや細菌が発生したりするんですね。だから洗浄が必要なんです。洗浄してないと、カビや細菌を室内にまき散らしてる事に

ホームセンター等でスプレー購入して、ご自身で洗浄された方も多いと思います。でも、あまり汚れが出て来たって実感は無いのでは?(TVのCMなんかで見る専門業者さんのエアコン洗浄では真っ黒な汚れ出てきてるのに・・・以前、私が実際そうでした。でもシッカリと丸洗いすると凄いことに)

話を戻して

実はこの室内機、本当は車内にもあるんです。でもこんなの見たこと無いですよね?

そう!見えない処に設置されているんです。

それは、ダッシュボードの奥深くに・・・。

多くの車種では、グローブボックス裏の下からカーオーディオとかある部分の裏側にあるんです

こんな感じに設置されてます。

冷却するアルミフィンはエバポレーターって云います

こんな所に有るのに、そんな簡単には洗えないですよね?

空気の取り入れ口は足元近くからです。って事は吸い込んでいる空気って・・・そりゃ臭って当たり前かも(さらに湿度、温度、暗いという環境で、カビや細菌には天国のような環境)

だから

こんな事になったり

埃まみれです。細菌やダニの心配も

こんな事になってたりするんです。

もー汚れや埃でアルミフィン見えません!エアコンの効率も悪い。ココの間を通った空気を車内に吹き出してるんですよ しかも顔に向けて

ネットで検索すると自力で洗浄にチャレンジしている方多いですね。知恵袋のサイトで質問している方も多い!それだけエアコンの臭いに悩んでいる人が多いんですね。スプレーの洗浄剤で頑張られている様です。
でも、カーエアコンの室内機のフィン(エバポレーター)は見えない処にあるのに、本当にスプレーで洗える?

毎日使う食器類だって、スプレーで洗剤や消臭剤かけただけで終わりじゃないですよね?

エアコンだって同じです。ちゃんと専用の洗剤で洗って、しっかりと水で濯がないと


でも、これまでは、カーエアコンはこういった構造上、洗えなかったんです。洗うにはダッシュボードの脱着から始まるために、費用は数十万円!期間も数日から数週間とあまり現実的ではありませんでした

しかーし

空気の空気の洗車屋さんなら、特許取得の特殊工具を使った特別な方法で、丸洗い致します!時間も約2時間!さらに出張施工もOKです

月別アーカイブ

年別アーカイブ