最新情報

車のエアコンがクサくなる理由

車のエアコンが臭う時ありませんか?

エアコン内部は残念ながらニオイが発生しやすい構造になってます。臭っても仕方ないんです

夏にエアコンを使った時に車の下に水が溜まってる事を経験した方も多いと思います

決して故障ではは有りません。むしろ、水が出てこない方がヤバいです。(ラジエーターの破損でなければ)

エアコン内部にはエバポレーターと呼ばれる熱交換器があって、ココの内部でエアコンガスが気化することでエバポレーターが冷たくなり、そこにあるフィンの隙間に風を通す事で、空気を冷やし、同時に結露することで除湿を行います。つまりこの除湿された水分が車の下に出てくるんです。

じゃ、このエバポレーターって普段車に乗っているとき見たこと有りますか?ほとんどの方は見た事ないと思います。なにせダッシュボードの内部の見えない所の更にケースの中に有りますから

この見えない所にあるエバポレーターが常に湿っている状態なんです。そこに車外、車内の空気をファンで送り込む訳ですから、当然?様々な汚れが付着します。(ちなみに、車内の空気取り入れは、助手席、運転席の足元です。とても綺麗な空気とは・・・)

という事は、エバポレーターは見えない所にあり光が入らない所で常に湿っており、汚れが付着している といった状態です。夏場なら車を降りれば車内の温度は急上昇。冬場はヒーターで暖められている環境。

つまりカビや細菌の繁殖には とっても適した環境なんです!新車だって2~3年も経てばそりゃぁカビて臭います

みんな臭うんだから仕方ないって事は無いですよね?カビや細菌を車内にまき散らしてるんですよ!身体に良い訳が有りません!小さい子供さんが居れば可哀そうです。アレルギーや喘息のある方、命を削って運転しますか?

今、ホームセンター等には色々な車用の芳香剤が並んでいます。使っている方も多いと思いますが、芳香剤でカビや細菌は無くならないですよ!防カビを謳っているいる芳香剤も有りますけど、除カビじゃないです。あれでカビが無くなるなら、お風呂のカビ取りも、もっと楽にできますよね?

更には芳香剤が臭いの元に

芳香剤はあくまでも臭いに匂いを重ねるものです。混ざって更に嫌なニオイになったり、芳香剤を強くすると匂いがきつ過ぎたり、人によってニオイの好みも様々、同乗者が不快に感じる事も有ります(スメハラ)

逆に、芳香剤が悪臭の元になる場合も

芳香の成分として使われているものに、酢酸エチルという物質が有ります。これは果実の匂いがするそうですが、残念なことに水分子との反応、加水分解で、酢酸とエタノールに分解されます。先ほどの通り、エバポレーター内部は常に湿っています。酢酸って文字だけでも?分かるように”すっぱい臭い”の元です!(すべての芳香剤という訳では有りません)

エアコンがすっぱい臭いの時は、内部で細菌が繁殖しているか、芳香剤が元になっているかもしれません

月別アーカイブ

年別アーカイブ